輸入住宅なら北欧住宅で建てたいかなぁ

PR|青梅市の新築注文住宅の見学会|

愛知県内有数の輸入住宅ハウスメーカーの社員さんに聞いたところ、高崎市で平屋を建てた「フローリングの色は施主が選べる」ということでしたが、しかし豊田市の展示場で見た注文住宅で使われている薄いクリーム色のフローリングがよく合っていますので、そのまま相模原市にサンルームを設置したモデルハウス同様のフローリングを選ぶ人が多いのでしょう。

長野市で新築一戸建てを購入した人が言うには輸入住宅なら、やっぱり冬が寒い地域の住宅を建てたいと思っています。たとえば、カナダとか北欧とか。なぜって、一戸建て住宅に使う色がカワイイからです。そしてシンプルなデザインに惹かれています。大きく言えばこの二点ですね。私が冬が長く寒い地域の輸入住宅に惹かれる理由は。

まず、「海外の北国住宅」に使われる「色」についてです。所沢市のリフォームのイベントで見て感じましたが、冬が長くて、そして厳しく寒い地域の住宅は、温かみのある色を使う印象がありますね。屋根にしても原色バリバリというわけではないけれど、はっきりと目立つ色だけど、どこか温かみを感じる色がチョイスされているということです。

たとえば、オレンジ味のある赤色の屋根であったり、深いグリーンの木製の柵であったり、窓枠の鮮やかな水色であったりと。ポイントポイントで、パッと目をひく温かみのある色が使われているところは、やっぱり「海外の北国住宅」の魅力ですね。

それに、フローリングで選ばれる色にしましても、温かみを感じる色味でいいのです。黄色味のあるクリーム色のフローリングなんかがモデルハウスでは選ばれているのですが、とても合っていると思いますもん。

実際に、輸入住宅を取り扱っているハウスメーカーでマイホームを建てたゴミ屋敷会社を運営する知人にしても、モデルハウスそのまんまのフローリングの色を選んだと言いますからね。

そしてまあ、最後になりましたけれど、北国の輸入住宅のデザインにある「シンプルな住宅デザイン」は魅力ですよ。ゴテゴテごちゃごちゃと装飾がされておらず、色で住宅デザインのメリハリをつけているところなんて、とくに「ステキ!」だと感じてしまいます。シンプルデザインの住宅が好きですからこそ、北欧住宅に惹かれるのでしょうかね。

PR|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|