私が感じる輸入住宅の良い点と悪い点

それぞれの国で特徴的な家のスタイルがあり、わが国では旧来の日本家屋が代表的なスタイルと言えるかもしれません。最近人気がある輸入住宅の場合は、アメリカやヨーロッパや北欧と言った各国の特徴的な家を指しており、それぞれに外観や内装に違いがあります。その国の生活スタイルにあった家と言えますから、日本で輸入住宅を建てれば、やはり注目されることが多いようです。
私の個人的な意見として輸入住宅の良い点をあげると、欧米スタイルの暮らしを体験できるということです。外観や内装がお洒落で、毎日の暮らしもどこか非日常の開放感が味わえそうです。生活空間が与える心理的な影響は大変大きいものと感じますから、気持ちよい暮らしに好影響があることはとても良い点だと感じます。人によっては、住居でこだわりが主張できる点も良いのかもしれません。
逆に悪い点に感じることは、リフォームなどを頻繁に行う必要がありそうなところです。輸入住宅のスタイルにもよりますが、旧来からの工法や建材を使用している場合はどうしてもメンテナンスが必要になります。日本の住宅の場合、最近はメンテナンスフリーの外壁などに人気がありますから、それらと比較するとマイナスに感じたりもします。