個性的注文住宅は最終的な事を考えて避ける

注文住宅を建てるにしても、あまりに個性が際立った住宅にしない方がいいと私は考えています。あまりに個性的な住宅ですと、もしも売りに出す際には、売ることができない可能性があるからです。すぐに買い手がつかないと、住んでいない家なのに税金ばっかり持っていかれることとなりますからね。

まあ、このような言い方は良くはないとは思いますが、実際にそうですからね。「もう、この家を売ろう」と思ったのならば、できるだけ早く買い手がつくといいじゃないですか。こちらが考えている金額で。

しかし、こちらが希望する金額だと、なかなか買い手がつかないこともあるわけです。そうなりますと、それはもう価格を下げるしかないわけです。しかも注文住宅の場合ですと、自分の中ではこだわりの注文住宅であったとしても、そのこだわりがネックとなって、買い手がつかないこともあるわけなんですよね。

注文住宅は、施主の好みが強く反映されますから、売りに出したい所有者としては、買い手がつかないことに大きな疑問を持つところかも知れませんが。そのような話を周囲でも聞いたりしますと、「やっぱり注文住宅はあまりにも個性的なものは、最終的なことを考えると避けた方がいいな」と思うわけです。”