マイホーム建設はやっぱり子供の強い願いで

私の友達家族の話なのですが、「家を買う!」といったように、家を買うと決心したタイミングはやっぱり「子供の成長」なわけですよ。こう言ってはアレですけれど、友達家族は共働きでそこそこに収入はあるのですが、しかし二人ともとくにこだわりがない方で、長らく社宅生活のままでした。

 

ですから当然、子供は三人いてもそれぞれの自室は確保されていないわけです。異性姉弟なわけですけれど、ひとつの部屋を子供たちの部屋として使っていました。けれども子供が小学生ともなりますと、「子供部屋欲しいー!」コールが沸き起こるのですよね。

 

友達家族の子供にしましても、友達が続々とマイルームを持ち始める頃ですからね。とくに小学校中学年以降は、部屋を持っている子供の数もグンと増えるわけです。

 

そうなりますと、もう毎日毎時間のように「自分の部屋が欲しいー!」と子供たちは思い、そしてお願いもするようになるわけです。

 

そしていよいよ本格的に友達家族もマイホームへと動き始めたというわけなのですよね。碧南市で北欧スタイルの家を建てようとしているらしいです。やっぱり子供からのリクエストにて根負けしてしまいますね。

 

いや、頑なにマイホームを建てないと言っていたわけではないのですけれど、社宅でもいいやーでは押し通せなくなったようで。