ヨーロピアン風輸入住宅のメリット・デメリット

 ヨーロピアン風の輸入住宅のメリットとしては、なんといっても気分がいいということです。住宅というのは、人生の中で過ごす空間としてはかなり大きな割合になります。その住宅が気分よく過ごすことのできる空間であるのならば、当然人生の質もあがっていきます。
 日本の住宅というのは、よく言えば機能的で、悪く言えば殺風景で遊び心がないともいえます。ただ雨風をしのぐだけの住居というだけなのならばそれでいいのかもしれませんが、人生の大半をすごす場所には、こだわってもいいのではないかと思います。
 ヨーロピアン風住宅は、全体として温かみのある作りをしています。素材にもこだわって作られており、日本の住宅とは違った良さがあるのです。
 デメリットとしては、家具や雑貨選びに苦労するということです。せっかくヨーロピアン住宅に住んでいても、それに合う家具がなければ台無しになります。調和のとれたものに仕上げなければ、逆にカオスな空間になってしまうリスクもあることは認識しておいたほうがいいでしょう。

私が感じる輸入住宅の良い点と悪い点

それぞれの国で特徴的な家のスタイルがあり、わが国では旧来の日本家屋が代表的なスタイルと言えるかもしれません。最近人気がある輸入住宅の場合は、アメリカやヨーロッパや北欧と言った各国の特徴的な家を指しており、それぞれに外観や内装に違いがあります。その国の生活スタイルにあった家と言えますから、日本で輸入住宅を建てれば、やはり注目されることが多いようです。
私の個人的な意見として輸入住宅の良い点をあげると、欧米スタイルの暮らしを体験できるということです。外観や内装がお洒落で、毎日の暮らしもどこか非日常の開放感が味わえそうです。生活空間が与える心理的な影響は大変大きいものと感じますから、気持ちよい暮らしに好影響があることはとても良い点だと感じます。人によっては、住居でこだわりが主張できる点も良いのかもしれません。
逆に悪い点に感じることは、リフォームなどを頻繁に行う必要がありそうなところです。輸入住宅のスタイルにもよりますが、旧来からの工法や建材を使用している場合はどうしてもメンテナンスが必要になります。日本の住宅の場合、最近はメンテナンスフリーの外壁などに人気がありますから、それらと比較するとマイナスに感じたりもします。

セミ注文住宅輸入住宅のメリットデメリット

「輸入住宅」と一口に言いましても、輸入住宅を取り扱っている会社によって、結構大きく違っていたりしますからね。設計図通りに決まりきった一戸建てをガッチガチに作る輸入住宅の会社もあれば、施主に合わせて設計を一部変更してくれるなど、自由度の高い輸入住宅の会社もあるわけです。

輸入住宅だけに限って言えることではなくて、ハウスメーカーにしても同様ですよね。既存の設計図で一戸建て住宅を建てることによって、一戸建て住宅の販売価格を安くすることができるわけですし。ですから、設計図は変更することができない輸入住宅の会社の住宅も、メリットはあるわけです。一方の「設計図が変更可能な輸入住宅の会社」の住宅は、費用がややお高いというデメリットもあるわけですからね。

私の親戚も某輸入住宅会社で一戸建て住宅を建てています。親戚は「設計図が変更可能な輸入住宅の会社」で建てていますので、収納スペースを広げたり、土間収納を作ってもらったりとしています。また、住宅設備にしても、選択肢がいくつかあったそうです。ですからセミ注文住宅とも言える輸入住宅で、とても素敵に仕上がっています。

ただ、お値段を聞いたらビックリしました。ぶっちゃけで言いますと、一般的な建設費用よりも8桁万円に届くほど高くって…。しかし、誰からみても明らかに輸入住宅なデザインですし、なおかつ家庭に合わせた間取りですから、満足度も高いようです。しかも高断熱高気密住宅で快適です。ただ、お値段も高いのですよね。出せてしまう親戚宅が羨ましいですが。

輸入住宅に憧れる日本人の心理

輸入住宅の間取りに興味を持たれてる方の考えとしてあるのは端的に述べれば白人への憧れがそうさせるのかもしれません。特に北欧住宅などはまず第一にオシャレというキーワードが挙げられると思われますが、木の温かみは気候に適した設計構造となっておりそのため建物の中はどこか安定した木の色や香りが人を癒してくれます。
ともかく輸入住宅とは日本人にとって憧れの何物でもありませんしその人気は本当に根強く海外映画などからあんな家に住みたいというイメージを抱き輸入住宅にされるのではないでしょうか。日本家屋には無い真新しい設計はやはり日本独自の座って生活をするということから脱却することができ、それはつまり白人への憧れというよりも白人生活を徐々に取り入れてるからこそ自然にそうさせてるようです。
最近ではソファーなどが多く売れてるということですが、そのことからも家の中で座り込むという生活はもう古い考えでありだからこそ輸入住宅は日本人に浸透してるのではないでしょうか。

理想のヨーロピアン住宅には便利さが欲しい

草原にポツンと建てるのであれば、ヨーロピアン住宅がいいなあと思います。その草原が和風に合うなら考えますけど、遠い海外に住みたくても住めないので、景色だけでもそうしたい、形だけでもそうでありたいという気持ちは少しあります。草原指定なのは周りに家があるとその家々も全部洋風でないとマッチしないからです。
暖炉がある家というのはかなりかっこいいですが、本当にそのような家を岡崎市に輸入住宅で建てたら、きっと私は使わないでしょう。寒い地域だとしても暖房にはエアコンを頼ってしまうでしょうし、便利なものがあるのならそちらを利用します。できるだけ労力を使わないようにして生活したいですし、家事も好きではないので家の中の仕事を少しでも減らしたいのです。
となると、おしゃれな内装と言ってもそれは普段使いしないところだけになりそうです。照明だったり、間取りそのものだったり、螺旋階段だったり。便利さを追求したヨーロピアン住宅、これは中世のような家は無理ですね。

日本でヨーロピアン住宅なら南仏風住宅!

ヨーロピアン住宅はコンパクトサイズな日本の土地に合っていると思います。南仏風の住宅なんてとくに狭い土地でも違和感なく建てれられますから、日本にオススメな住宅だと思います。

欲を言えば、それなりに面積を取りたいものですけれど、しかしいかんせん都会は空いている土地がありませんからね。ですからヨーロピアン住宅のなかでもコンパクトサイズでも合うような住宅を選ぶ必要があると思うんです。

その中でもやっぱり私のオススメはプロヴァンズ風輸入住宅です。それにこれは個人的な好みの問題かとは思うのですが、私は日焼けが嫌なので、窓を小さめに取りたかったのです。その点においても、プロヴァンズ風住宅に惹かれました。プロヴァンズ風住宅は窓を小さめにしても違和感なく、そしてまた壁の面積が大きくてもそれなりにオシャレに決まるのですよね。

使われている色が明るめの配色だからでしょうか。窓が小さくても家の中にしても暗い印象にならないところも、さすがヨーロッパの配色だと感じています。

ヨーロピアン住宅の特徴について

ヨーロピアン住宅とは一言で言えば白亜の豪邸をイメージしていただければわかりやすいと思います。一昔前まではそんな家があったら珍しいというイメージでした。しかしここ最近はいろいろな場所でヨーロピアン住宅を見かけるようになりました。それだけヨーロピアン住宅は普及しているのだと思います。

 

ヨーロピアン住宅は外観からもわかるように高強度な材質で作られているのが特徴です。また高強度ながら軽量で、火や熱にも強いという特徴があります。昔は日本人らしく和風の家が憧れであり、かっこいいと思う家というイメージがありました。

 

しかし最近では遊び心を取り入れたり、人とは違う家に住みたいという人が多くなってきているので、こういった外国にいるような家に住みたがる人が増えたのだと思います。またお金に余裕がある人は内装にもこだわりを見せます。一番多いのが高級ホテルのような階段をつけるパターンです。上からシンデレラが降りてくるような広々とした階段をつけると、さらにヨーロピアンな雰囲気が出て素敵です。

洗濯が思うようにできない

アメリカでは日本のような洗濯はできません。
そもそも、洗濯機が自宅に無い人もたくさんいるのです。

その理由は、アメリカの住宅というのは、実は日本の住宅よりも長持ちします。
ですから、築百年という住宅もたくさんあります。
そんな家は排水溝の設備がその当時のままとなっているので、洗濯機を家で使うと排水溝が詰まるのです。
そのため、アパート暮らしの方は基本、共同のランドリールームを使います。

アメリカに来た当時、このシステムにかなりストレスが溜まりました。
使いたい時に洗濯機が埋まっていたり、故障も多いので、その度にコインランドリーに行かないといけません。

一軒家を買い、自宅に洗濯機があることは良いのですが、アメリカでは外干し禁止です。
これは外観を損ねるからです。
乾燥機がどの家庭にもあるのが当たり前の光景です。

自由に洗濯ができるようになっても、洗濯の干し方に制限があるアメリカの住宅事情、これは何とかして欲しいです。
姉夫婦が愛知の西尾市に建てた輸入住宅は、うちと同じような外観ですが、洗濯物干し放題でうらやましい。

今人気のアメリカン住宅の良い点悪い点

輸入住宅の中でも人気があるアメリカン住宅ですがどういう点が良くて人気があるのかというと、まず言えるのは家の大きさです。日本家屋とは違って家も大きくて部屋のひとつひとつが大きくてすごくリラックスできる室内空間がその魅力であると言えます。

なので広くて大きな家に憧れる人にとってアメリカン住宅はまさに理想の住宅と言えます。ただそれだけ良いアメリカン住宅でも良い点ばかりではないです。

魅力があるアメリカン住宅でもあまり良くない点はあります。それは何かというと家が広すぎるために家の掃除が大変というのがあります。

普通の日本家屋の広さならそれほど掃除に時間が掛からないのがアメリカン住宅にしたために掃除の時間が長くなってしまうというデメリットがアメリカン住宅にあります。

なのでその点が嫌だという人もいるかと思いますがやっぱり家を建てるなら大きくて広い家が良いと思っている人にとってはアメリカン住宅はかなりおすすめで良い家だと思っています。