fLGrE5Ch のすべての投稿

外観も部屋もお洒落でぬくもりある輸入住宅

私の住んでいる岡崎市にも輸入住宅を建てる方が増えています。輸入住宅は外観が童話に出てくるようなお洒落な色、デザインが素敵でいいところです。外壁の色は薄いオレンジであったり、水色、アステルグリーンなど、かわいらしい色で住みたいと感じさせます。 レンガが積み重なったようなデザインの輸入住宅はレトロ感と重厚感を感じられ、より欧米やヨーロッパの古きよき時代を思わせる手作り感があるのも人気です。 屋根はとんがり帽子のように斬新な形であると、より童話の世界に入り込んだかのようなお洒落で可愛いデザインに見えます。 輸入住宅は窓のデザインが日本では考えられないような斬新なものが多く、アーチ型であったり、壁一面にたくさんの縦長の窓が並んでいるなど、ここもまたお洒落で明るい部屋で素敵です。 リビングには大きな暖炉があり、部屋どころか家中を暖かくすることができますし、床暖房が入っていたり、壁は丸太小屋のような木のぬくもりを感じさせるデザインの輸入住宅もホッとできそうで、子供がいる家庭にも最適でしょう。

中古の一戸建てを購入しました。

私は以前マンション暮らしをしていましたが、妹が愛知県に注文住宅を購入したことに刺激され、5年前に世田谷区に中古の一戸建てを購入しました。建売です。築20年も経っていましたので建物の価値しかありませんでした。私はその家を買って不動産屋さんに騙された感じがありました。それは良い所ばかり言って悪い所を一切言わなかったからです。家の中はシロアリが食っていました。外壁塗装もひび割れが酷くて手を入れをしないと住めない状態でした。全部リフォームすると1千万円位かかると言われましたので私は思い切って家を解体することにしました。現在新築一戸建てを建てました。私が学んだ教訓は中古住宅は購入してはいけないと思いました。注文住宅の良さに大変嬉しく思っています。注文住宅は1から建てて頂けるので自分の好きな設計図を用いて建てられるから良いです。最初は中古住宅を購入した時は自分の家が手に入っただけで嬉しかったのですが、蓋を開けてみてびっくりの状態でしたので途方に暮れていました。現在は快適に楽しく暮らしています。

ヨーロピアン風輸入住宅のメリット・デメリット

愛知県に輸入住宅の家を建てたのですが、我が家が建てたヨーロピアン風の輸入住宅のメリットとしては、なんといっても気分がいいということです。住宅というのは、人生の中で過ごす空間としてはかなり大きな割合になります。その住宅が気分よく過ごすことのできる空間であるのならば、当然人生の質もあがっていきます。
 日本の住宅というのは、よく言えば機能的で、悪く言えば殺風景で遊び心がないともいえます。ただ雨風をしのぐだけの住居というだけなのならばそれでいいのかもしれませんが、人生の大半をすごす場所には、こだわってもいいのではないかと思います。
 ヨーロピアン風住宅は、全体として温かみのある作りをしています。素材にもこだわって作られており、日本の住宅とは違った良さがあるのです。
 デメリットとしては、家具や雑貨選びに苦労するということです。せっかくヨーロピアン住宅に住んでいても、それに合う家具がなければ台無しになります。調和のとれたものに仕上げなければ、逆にカオスな空間になってしまうリスクもあることは認識しておいたほうがいいでしょう。

私が感じる輸入住宅の良い点と悪い点

それぞれの国で特徴的な家のスタイルがあり、わが国では旧来の日本家屋が代表的なスタイルと言えるかもしれません。最近私の住んでいる愛知県でも人気がある輸入住宅の場合は、アメリカやヨーロッパや北欧と言った各国の特徴的な家を指しており、それぞれに外観や内装に違いがあります。その国の生活スタイルにあった家と言えますから、日本で輸入住宅を建てれば、やはり注目されることが多いようです。
私の個人的な意見として輸入住宅の良い点をあげると、欧米スタイルの暮らしを体験できるということです。外観や内装がお洒落で、毎日の暮らしもどこか非日常の開放感が味わえそうです。生活空間が与える心理的な影響は大変大きいものと感じますから、気持ちよい暮らしに好影響があることはとても良い点だと感じます。人によっては、住居でこだわりが主張できる点も良いのかもしれません。
逆に悪い点に感じることは、リフォームなどを頻繁に行う必要がありそうなところです。輸入住宅のスタイルにもよりますが、旧来からの工法や建材を使用している場合はどうしてもメンテナンスが必要になります。日本の住宅の場合、最近はメンテナンスフリーの外壁などに人気がありますから、それらと比較するとマイナスに感じたりもします。

セミ注文住宅輸入住宅のメリットデメリット

愛知県に輸入住宅を建てたのですが、「輸入住宅」と一口に言いましても、輸入住宅を取り扱っている会社によって、結構大きく違っていたりしますからね。設計図通りに決まりきった一戸建てをガッチガチに作る輸入住宅の会社もあれば、施主に合わせて設計を一部変更してくれるなど、自由度の高い輸入住宅の会社もあるわけです。

輸入住宅だけに限って言えることではなくて、ハウスメーカーにしても同様ですよね。既存の設計図で一戸建て住宅を建てることによって、一戸建て住宅の販売価格を安くすることができるわけですし。ですから、設計図は変更することができない輸入住宅の会社の住宅も、メリットはあるわけです。一方の「設計図が変更可能な輸入住宅の会社」の住宅は、費用がややお高いというデメリットもあるわけですからね。

私の親戚も某輸入住宅会社で一戸建て住宅を建てています。親戚は「設計図が変更可能な輸入住宅の会社」で建てていますので、収納スペースを広げたり、土間収納を作ってもらったりとしています。また、住宅設備にしても、選択肢がいくつかあったそうです。ですからセミ注文住宅とも言える輸入住宅で、とても素敵に仕上がっています。

ただ、お値段を聞いたらビックリしました。ぶっちゃけで言いますと、一般的な建設費用よりも8桁万円に届くほど高くって…。しかし、誰からみても明らかに輸入住宅なデザインですし、なおかつ家庭に合わせた間取りですから、満足度も高いようです。しかも高断熱高気密住宅で快適です。ただ、お値段も高いのですよね。出せてしまう親戚宅が羨ましいですが。

土地選びで苦労したこと

実家は愛知県の輸入住宅で平屋建て、自分は東京の多摩エリアに住む40代男性で、今住んでいる土地を購入してから、11年経ちます。私の土地探しで苦労した点をいくつかお伝えしたいと思います。1つ目は、現実的な購入期限やエリアなど、「枠」を決めずに何となく探していたことが1番大変でした。はじめは軽い気持ちで、不動産会社に条件を伝えて、物件を案内してもらっていたのですが、見に行くこと自体は月に1回程度にしていたので、そんなに苦にはならなかったのですが、「悩む時間」に翻弄されました。

 

具体的には、「あの物件で決めてしまったほうがいいのかな?」「でも、もっと良い物件が出るかもしれない」「焦らずに今は、勉強の時間と思っていいのでは?」「でも、二度とあのような物件には出会えないとも不動産会社も言っていたし」みたいな様子で、通勤時間も、仕事の時間も気になり、家に帰れば、ネットで情報を集めたり、妻と話し合ったりと、物件を見に行く時間より、悩んでいる時間が長かった気がします。

 

結局、そのような生活を10か月ぐらい続けて、いい加減、目途を決めたのが、そこから半年以内、1時間以内の通勤圏という条件でした。そこからは、トントン拍子で話が決まりました。探す時間より、悩む時間で苦しんだ、私の経験談でした。みなさまもある程度の条件は、決めて、特に期限は決めて、物件を探すことをオススメします。

輸入住宅に憧れる日本人の心理

輸入住宅の間取りに興味を持たれてる方の考えとしてあるのは端的に述べれば白人への憧れがそうさせるのかもしれません。特に北欧住宅などはまず第一にオシャレというキーワードが挙げられると思われますが、木の温かみは気候に適した設計構造となっておりそのため建物の中はどこか安定した木の色や香りが人を癒してくれます。
ともかく輸入住宅とは日本人にとって憧れの何物でもありませんしその人気は本当に根強く海外映画などからあんな家に住みたいというイメージを抱き輸入住宅にされるのではないでしょうか。日本家屋には無い真新しい設計はやはり日本独自の座って生活をするということから脱却することができ、それはつまり白人への憧れというよりも白人生活を徐々に取り入れてるからこそ自然にそうさせてるようです。
最近ではソファーなどが多く売れてるということですが、そのことからも家の中で座り込むという生活はもう古い考えでありだからこそ輸入住宅は日本人に浸透してるのではないでしょうか。

個性的注文住宅は最終的な事を考えて避ける

こだわりの注文住宅を建てるにしても、あまりに個性が際立った住宅にしない方がいいと私は考えています。あまりに個性的な住宅ですと、もしも売りに出す際には、売ることができない可能性があるからです。すぐに買い手がつかないと、住んでいない家なのに税金ばっかり持っていかれることとなりますからね。

まあ、このような言い方は良くはないとは思いますが、実際にそうですからね。「もう、この家を売ろう」と思ったのならば、できるだけ早く買い手がつくといいじゃないですか。こちらが考えている金額で。

しかし、こちらが希望する金額だと、なかなか買い手がつかないこともあるわけです。そうなりますと、それはもう価格を下げるしかないわけです。しかも注文住宅の場合ですと、自分の中ではこだわりの注文住宅であったとしても、そのこだわりがネックとなって、買い手がつかないこともあるわけなんですよね。

注文住宅は、施主の好みが強く反映されますから、売りに出したい所有者としては、買い手がつかないことに大きな疑問を持つところかも知れませんが。そのような話を周囲でも聞いたりしますと、「やっぱり注文住宅はあまりにも個性的なものは、最終的なことを考えると避けた方がいいな」と思うわけです。

注文住宅で棚板のニス費用を節約して後悔

豊田市に注文住宅で建てたわが家は概ね気に入っています。注文住宅で建てたからこそ、こちらの希望を存分に取り入れている一戸建てマイホームになっていますからね。しかしそれでも、後悔していることはあるのです。それは「棚にニスを塗ってもらわなかったこと」です。

注文住宅ですから、節約項目の調整だってできるわけです。ですから、人目につかないような物置部屋の資材の質を下げたものを採用したりですとか。また、外構だって手を加えなければ費用だって抑えられるわけです。

ですから、そのような節約目的にて、わが家の造作家具には「見えない部分」には、ニスを使っていなかったりするのです。けれど、そのことで後悔はしてしまいますよ。なぜなら、ニスを塗ってすべりをよくしていない板は掃除が面倒くさいからです。

ニスを塗っていない棚板は、すべりが良くないので、埃を引っ掛けてしまったりもしますからね。埃取りを使って棚板を掃除しているのに、逆に板に埃が引っかかっていることもありますから…。塗料をケチるのではなかったーとちょっと後悔しています。

理想のヨーロピアン住宅には便利さが欲しい

草原にポツンと建てるのであれば、ヨーロピアン住宅がいいなあと思います。その草原が和風に合うなら考えますけど、遠い海外に住みたくても住めないので、景色だけでもそうしたい、形だけでもそうでありたいという気持ちは少しあります。草原指定なのは周りに家があるとその家々も全部洋風でないとマッチしないからです。
暖炉がある家というのはかなりかっこいいですが、本当にそのような家を岡崎市に輸入住宅で建てたら、きっと私は使わないでしょう。寒い地域だとしても暖房にはエアコンを頼ってしまうでしょうし、便利なものがあるのならそちらを利用します。できるだけ労力を使わないようにして生活したいですし、家事も好きではないので家の中の仕事を少しでも減らしたいのです。
となると、おしゃれな内装と言ってもそれは普段使いしないところだけになりそうです。照明だったり、間取りそのものだったり、螺旋階段だったり。便利さを追求したヨーロピアン住宅、これは中世のような家は無理ですね。