月別アーカイブ: 2018年3月

日本でヨーロピアン住宅なら南仏風住宅!

ヨーロピアン住宅はコンパクトサイズな日本の土地に合っていると思います。南仏風の住宅なんてとくに狭い土地でも違和感なく建てれられますから、日本にオススメな住宅だと思います。

欲を言えば、それなりに面積を取りたいものですけれど、しかしいかんせん都会は空いている土地がありませんからね。ですからヨーロピアン住宅のなかでもコンパクトサイズでも合うような住宅を選ぶ必要があると思うんです。

その中でもやっぱり私のオススメはプロヴァンズ風輸入住宅です。それにこれは個人的な好みの問題かとは思うのですが、私は日焼けが嫌なので、窓を小さめに取りたかったのです。その点においても、プロヴァンズ風住宅に惹かれました。プロヴァンズ風住宅は窓を小さめにしても違和感なく、そしてまた壁の面積が大きくてもそれなりにオシャレに決まるのですよね。

使われている色が明るめの配色だからでしょうか。窓が小さくても家の中にしても暗い印象にならないところも、さすがヨーロッパの配色だと感じています。

ヨーロピアン住宅の特徴について

ヨーロピアン住宅とは一言で言えば白亜の豪邸をイメージしていただければわかりやすいと思います。一昔前まではそんな家があったら珍しいというイメージでした。しかしここ最近はいろいろな場所でヨーロピアン住宅を見かけるようになりました。それだけヨーロピアン住宅は普及しているのだと思います。

 

ヨーロピアン住宅は外観からもわかるように高強度な材質で作られているのが特徴です。また高強度ながら軽量で、火や熱にも強いという特徴があります。昔は日本人らしく和風の家が憧れであり、かっこいいと思う家というイメージがありました。

 

しかし最近では遊び心を取り入れたり、人とは違う家に住みたいという人が多くなってきているので、こういった外国にいるような家に住みたがる人が増えたのだと思います。またお金に余裕がある人は内装にもこだわりを見せます。一番多いのが高級ホテルのような階段をつけるパターンです。上からシンデレラが降りてくるような広々とした階段をつけると、さらにヨーロピアンな雰囲気が出て素敵です。