月別アーカイブ: 2018年2月

洗濯が思うようにできない

アメリカでは日本のような洗濯はできません。
そもそも、洗濯機が自宅に無い人もたくさんいるのです。

その理由は、アメリカの住宅というのは、実は日本の住宅よりも長持ちします。
ですから、築百年という住宅もたくさんあります。
そんな家は排水溝の設備がその当時のままとなっているので、洗濯機を家で使うと排水溝が詰まるのです。
そのため、アパート暮らしの方は基本、共同のランドリールームを使います。

アメリカに来た当時、このシステムにかなりストレスが溜まりました。
使いたい時に洗濯機が埋まっていたり、故障も多いので、その度にコインランドリーに行かないといけません。

一軒家を買い、自宅に洗濯機があることは良いのですが、アメリカでは外干し禁止です。
これは外観を損ねるからです。
乾燥機がどの家庭にもあるのが当たり前の光景です。

自由に洗濯ができるようになっても、洗濯の干し方に制限があるアメリカの住宅事情、これは何とかして欲しいです。
姉夫婦が愛知の西尾市に建てた輸入住宅は、うちと同じような外観ですが、洗濯物干し放題でうらやましい。